●品番 JJRB014TX(ルイスビル・少年軟式野球用)
●品名 TWOX(トゥーエックス) 2014年最新モデル 2013年ゼノ後継機種
●サイズ 76cm(520g平均)、78cm(550g平均)、80cm(570g平均)←サイズ、メーカー確認済み
カラー ホワイト系まだら模様
仕様 宇宙工学レベルUSAカーボン100%使用
打球部径/66.7mmパイ、グリップ径/21.3mmパイ←メーカー確認済み
トップバランス
●JSBB公認
●インナーソケットテクノロジーが進化。
●エナメルバットケースではなく、簡易バット袋をお付けします。
●定価¥31,320(新税込)
  只今、フェアにつき→¥31.000(税込)
残り、78cm、1本です。





  △同じバット(実物バット)を、実際に3方向から撮影したものです。








☆☆☆ 2014年モデル JJRB014TX ここがポイント! ☆☆☆    〜文責・イマイスポーツ〜

(1)ルイスビルスラッガーの高反発バット「トゥーエックス twoX」、少年軟式野球用です。
   twoXは、カタリストではありません。ただ、カタリストと同レベルに位置付けられる
   高反発バットです。

(2)長さは、76cm・78cm・80cmの3種類。重さも、長さに対応して520g・550g・570gの3種類
   になっています。これは、カタリストより軽くし・・・意識的にかぶらないサイズにしております。
   バランスは、トップバランス。
   振り抜きがいいためか・・・多くのお子様に、トップバランスを感じない振り易さだと言って頂いております。

(3)素材は、宇宙工学レベルの最高級カーボンを100%使用しています。FRP製バットは、各メーカーから
   たくさん出されていますが、カーボン100%使用は、ルイスビルだけです。

(4)デザインは、衝撃のまだら模様・・・お子様からはカッコいいと喜ばれるデザインです!
(5)2014年モデルとして発売された「twoX」は、2013年に一世を風靡した「ゼノ XENO」の後継機種です。
  カタリストとゼノの違いは・・・カタリストが上から下まで1つの管になっているのに対し、
  ゼノは2つの管(=ツーピース構造)をジョイント(接合)していたということでした。
  
  twoXも、ゼノと同様、バット本体がツーピース構造になっております。
  twoXは、ゼノに比べ・・・ジョイントの仕方を進化させました。ゼノは管と管を2点で支えていたのに対し、
  twoXは、さらに特殊ゴムを注入し・・・3点で支えることにしました。その意味で、two+X(=3点)という名称を
  付けました。
  
  そしてこのジョイント技術により、接合がさらに安定し・・グリップ上部の強固さが生み出され・・・打球時のしなりを抑え
  脅威の高反発力が生まれました。また、多くのお子様がおっしゃられるように・・・打撃時てのしびれを感じないのも、
  ゼノの長所を引き継ぐ形になっております。


  未知なる飛びに挑戦する「新生twoX」、是非、試してみて下さい。
カタリストの歴史・新旧すべてのカタリスト(旧モデル・特価品)へ

ルイスビル軟式用バット一覧へ

商品一覧へ 
本サイトは、フレーム構造になっております。
画面左側に、メニューバーがない場合はこちらをクリックして下さい
商品一覧選択画面  通信販売ご利用方法  野球用品サイトトップ
商品一覧選択画面  通信販売ご利用方法  野球用品サイトトップ ルイスビル・軟式バット